私の部屋、あなたの部屋、みんなの部屋。
My room, Your room, Our room.

Blog

DM_表_web用

414日(土)- 4月22日(日)

OPEN 12:00 CLOSE  20:00(16日、17日は休廊)

「三度の旅を経て見えてきた、異なる時間の存在」

http://www.nogehayato.com/

 

写真家、野毛隼人さんの個展を開催します。

野毛さんがモロッコを旅して撮った写真から、われわれが住む街とは異なる

光と色と時間がどんな風に浮き出てくるか、とても楽しみです。

 

15日と22日の両日曜日にはたしろりなさんのモロカンスープスタンドと

アグネスパーラーさんのドリンクの出店がございます。

ぜひお気軽にお越しください。

 

皆様のご来場、お待ちしております。

 

 

スクリーンショット 2018-03-31 17.18.00

44日(水)- 4月8日(日)

OPEN 10:00 CLOSE  20:00(最終日は17:00まで)

http://www.kunitachi-tougeisha.com/

 

数々の受賞歴をお持ちで、「日本工芸会正会員」である陶芸作家の保立剛さんは国立に窯を構えて制作活動をしており、

ご自身の作品を作る傍ら陶芸工房を主催し、指導にも当たっておられます。

 

昨年に続き、保立さんの主催する「くにたち陶芸舎」の作品展をroom 103で開催いたします。

ことしで2回目となりますが、昨年同様見ごたえのある展示となるかと思います。

 

新緑がまぶしい季節、街歩きがてら是非お立ち寄りください。

皆様のご来場、お待ちしております。

 

01
 

春の光、水と空

 

服・絵・植物・お菓子・音楽の展

 

natsuno hiraiwa/服
藤川孝之/デッサン・絵
kukka永井久恵/植物
もりかげ商店 /お菓子
小嶋佐和子/Live

 

会期:2018年3 月28日(水)-4月1日(日)
11:00-18:00
*最終日は17 :30まで

 

natsuo hiraiwaさん春の展のご案内です。

 

フジカワさんの絵、もりかげ商店さんのお菓子、そしてkukka永井さんの植物とともに。

フジカワさんによるデッサンのイベントや、もりかげ商店さんの1日喫茶も楽しそうです。

 

そして小嶋さんのライブ。

 

◎歌とギター、絵と朝と
4/1(日)朝8:30開場  9:00開演 2500円(お茶とお菓子付き)

 

詳細につきましては、natsuno hiraiwaのページにてご確認下さい。

http://www.natsunohiraiwa.jp/news.html

 

ちょうど桜も満開の時期を迎えそうです。

お散歩も兼ねて、ぜひどうぞ。

_DSC0009

3月25日(日)

13:00〜、15:00〜、17:00〜(各回 定員8名  約1時間30分 要予約)

 

料金 ¥2,500(税込み 和菓子、抹茶付き)

講師 池田宗真 表千家茶道講師

 

日本文化を語る上では欠かせない「茶道」。

しかしなかなか敷居が高く、その神髄を感じる事は難しく思われます。

 

そこで、今回はもう少し気軽に茶道を体験していただきたいと考え、 表千家の講師をお迎えして、

茶道にまつわるお話しを聞き、実際に茶道具に触れ、 お茶を点てていただく

「茶道に触れる会」を企画しました。

 

ヴィンテージ家具に囲まれた空間で、本格的な茶道の世界を 少しでも感じていただけたら嬉しく思います。

 

お問い合わせ、ご予約  info@letemin.jp 042-577-3452 (古道具 LET ‘EM IN)

 

w.個展DM表

 

w.個展DM裏

 

317日(土)- 3月21日(水・祝)

OPEN 11:00 CLOSE  20:00(最終日18:00まで)

 
「かたちはいつか見えなくなるけれど
音や温度やにおいの行方をだれも知らない。」

 
●アコースティックライブ 入場無料・各回15分
3月17日(土) 17:00/18:00/19:00
21日(水・祝) 12:00/13:00/14:00
演奏 ダムランド

 
●レセプションパーティー 3/17(土) 19:00~

いだ あやこ https://mymlaya.tumblr.com/
ダムランド https://dumblandband.wixsite.com/dumbland

 

日本画作品を中心に、絵本、イラストグッズの展示・販売もあるとのことです。

 

春の日に合いそうな柔らかな色使いが印象的ないださんの絵。

でも柔らかなだけではない、もっと深い心象を覗いているような感覚にもなります。

 

日本画には珍しい、ちょっと抽象的な作品も興味深いですね。ぜひゆっくりとご覧ください。